ゆとり式キャッシングナビゲーション

ゆとり式キャッシングナビゲーション

キャッシング、そして、30日間無利息の意味は。

30日間無利息。最近結構キャッシングでは目立つ広告ですよね。私達にとっても非常に有り難いものなのかもしれないですよね。確かに用途は多いです。もしも、給料日前にデートの誘いでもあったら。お金がないからとみすみすデートの誘い断るのでしょうか。それはもったいないですよね。

 

 

30日間無利息のキャッシングがあれば、デート費用を抽出して、給料が出た時にすっと返済すれば万事OKです。こんな素晴らしいキャッシングカート、見過ごす手はありません。しかしちょっと考えてみましょうよ。借りて誰もが30日間無利息で利用してきちっと返済してしまっては消費者金融の儲けは何処にも発生しないではありませんか。延滞者でよく使う台詞です。

 

 

遅れても延滞利息取られているのだから、あれこれ言われる筋合いはないと。確かに消費者金融とはそういう会社なのです。30日間無利息を利用して、みなさんキチッとタダで利用しているだけなら消費者金融は倒産してしまうことでしょうね。 しかし、どうしても30日間無利息で利用して延滞する人も出てくるのです。そして、30日間無利息が便利なものであることを謳って、カードを申し込みしてもらうことが目的なのです。このキャッシングカードに無縁だった人たちにキャッシングカードを一枚持ってもらうことが肝心なのです。全員が全員とは言わないですが、必ず何割かの人たちはキャッシングの便利さに目覚めることでしょうね。リボルビングでキャッシングしたりするようになるのです。

 

キャッシング系総合情報サイト
キャッシング・カードローン関連の情報を総合的に扱ったサイトとしては「ゼニ侍」が読みやすくておすすめです。管理人がわざわざオペレーターなどに電話取材をして情報を集めているので、在籍確認や融資までの審査時間などホームページを見るだけではわからないようなデリケートな情報を集めることが出来ます。おすすめです。

 

2010年6月8日の出資法改正。これが消費者金融には大事件だったのです。

 

キャッシング会社のスタイルも変わりました。昔のこと考えれば銀行と消費者金融がタッグ組むとはまるで嘘のようです。しかし、私達にとって消費者金融と言えばちょっと良くないイメージもありましたからね。銀行とタッグ組むことによってちょっと使ってみたい信用の出来るものとなったのです。ちょっとしたお金が要りようだった時も昔の消費者金融ならお金を借りるべきではないと考えたかもしれません。しかし、今そういう時はキャッシングします。そこに大きな違いがあるのです。

 

そして、利息も全然安くなりましたし。やっぱり28.8パーセントとは、10万円クラス借りてしまうと実はなかなか終わらない額だったのです。そして、残高減ってきた頃にはまたお金要りようになってしまいますから、なかなか残ゼロにするのが難しく、キャッシングの罠にはまってしまうように見えたりするものでした。消費者金融はそれでもしばらくグレーゾーンの中28.8パーセントでやって行くことが出来たのです。消費者金融の出る杭はすぐに政治家によって叩かれてしまいます。決して政治家の前で強気に出ることが出来なかったのが昔の消費者金融なのです。

 

下手に出ることによってグレーゾーンもなんとか維持出来ていたのです。そういう時代が長く続きました。しかし、異変は外資の進出によって起こります。外資の登場によって、消費者金融の飼い慣らされた猫体勢が崩れてしまうのです。外資は日本の政治家に対してアメリカ気どりで対等な立場で振る舞ったのです。それが、政治家を怒らせてしまったのかもしれないですよね。2010年6月8日の出資法改正によってです。

 

総量規制で借りることの出来なくなった主婦たちへ朗報です。

 

今、消費者金融で話題になっているのは過払い金返還請求とともに、総量規制の問題です。過払い金返還請求とは、利用者にとって実に有り難い話しですよね。寝耳に水な話しです。いくら余計に金利を消費者金融が取っていたとしても利用者はそのことに気付かず納得して借りていた訳ですからね。いわば思わぬボーナスのような面も持っているのです。

 

しかし総量規制の方はどうでしょうか。総量規制とは実際には、私達のことを考えて作ってくれている法律なのです。しかし困っている人たちを多くみます。実際に今まで夫に黙ってキャッシングをしていて自転車操業などやっていた人には悲劇です。突然キャッシングすることをストップさせられてしまう訳です。夫の了解が必要になってしまったのです。そういう人たちが闇金に手を出すということで社会問題化にもなりましたよね。

 

そして、総量規制では年収の3分の1以上既に借金を持っている人は消費者金融からの借り入れが出来なくなってしまったのです。ここでも実際には、年収の3分の1以上借金があっても真面目に遅れることなしに返済し続ける人はいたはずですけどね。こういう人たちは、総量規制という法律の犠牲になってしまったのです。

 

しかし、あきらめるのはまだ早いです。今銀行系の消費者金融には総量規制が適用されないという話しなのです。しかし、銀行系は単独の消費者金融よりもちょっと審査も厳しいと聞きます。しかし、きっと借りれず困っていた今で計画的に返済していた主婦たちには朗報かもしれないですよね。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ